ミツハマップ

大正時代の味噌醤油醸造所

松山市元町






現当主の曾祖父にあたる鷲野種次郎は、幕末に古三津村の農家の長男として生まれました。種次郎は村の収入役を務めていたのですが、30歳のころ一大決心をしました。味噌醤油醸造業を興すため、弟に家督を譲り親戚の醤油屋で修行を始めたのです。その後、現在の場所で醸造業を興し、大正12 年68 歳でこの主屋と醸造所を普請しました。
鷲野家は従来の建築に比べると、1 階2 階の天井が高く、堂々とした姿に新しい時代の息吹を感じさせます。通庭途中に食事台があり、従業員はそこで食事を取っていました。一俵が3日でなくなるほど毎日お米をたくさん炊いていたそうです。

修行中の若い従業員は「ききぜ」と呼ばれ、無給ですが衣食住を提供されました。そのため、主屋の後ろには、従業員のための住まいも建てられています。鷲野家は仕事を終えると従業員や近所の人々に家を開放し、浄瑠璃、尺八、お琴、三味線、囲碁、将棋などを楽しむ社交サロンとなりました。「まるで不夜城のようだった」と現当主の和正さんは当時を振り返ります。
最近、鷲野家1 階の外壁が無垢の桜の材に変わりました。一時は生活スタイルの変化に応じて新建材の外壁にしましたが、再びこの家に合う素材に戻したといいます。まだ新しい木の香りがしました。「何十年もたったら、この材も大正の家になじむように風合いがでてくるだろうな」と和正さんは微笑みます。




土間の中央に設けられた電話ボックス。電話ボックスの右端が大黒

柱です。通庭に、味噌醤油醸造業を営んでいた時に使っていた前掛

けと、醤油袋で作られたのれんが掲げられています。


 

樹齢200年以上と思われる楠の一枚板



 

三津の古建築ものがたり



 

ミツハマップ
三津お散歩マップ
町家バンク活用事例
旧濱田医院

物件検索

  • 住居

    Select

    Cancel

  • 店舗向き

    Select

    Cancel

  • 居抜き

    Select

    Cancel

  • リノベ済

    Select

    Cancel

  • イジリ甲斐

    Select

    Cancel

  • レトロな趣

    Select

    Cancel

  • コンパクト

    Select

    Cancel

  • 海チカ

    Select

    Cancel

  • 裏路地

    Select

    Cancel

  • 商店街そば

    Select

    Cancel

  • 楽器相談

    Select

    Cancel

  • 駐車場あり

    Select

    Cancel

  • 庭・畑付

    Select

    Cancel

  • ペット相談

    Select

    Cancel

  • アトリエ向き

    Select

    Cancel

  • 一点豪華

    Select

    Cancel

エリア

  • 住吉1丁目

    住吉1丁目

  • 住吉2丁目

    住吉2丁目

  • 三津1丁目

    三津1丁目

  • 三津2丁目

    三津2丁目

  • 三津3丁目

    三津3丁目

  • 元町

    元町

  • 神田町

    神田町

  • 須賀町

    須賀町

  • 梅田町

    梅田町

  • その他

    その他