ミツハマップ

「つし二階」の江戸時代の商家

松山市三津2 丁目



日本の住まいは平屋を旨としてきました。平安朝を代表する寝殿造、武家住宅の書院造も概ね平屋であります。しかし室町時代末期になると、町家の一部に二階建てが現れます。二階建てといっても、その多くは「つし二階」でした。「つし」とは屋根裏の物置場のことです。その高さは居住空間には十分でなく、物置や使用人の部屋として利用できる程度でした。河野家はこの「つし二階」の形態を残しています。

この家屋敷は河野庄次郎が幕末に購入し、むしろなどの藁製品や畳用のい草などを扱う商店を創業しました。漁師が綱や網の材料に藁を使うことが縁で、後に船具も扱うようになりました。三津では最も古い船具屋です。庄次郎は三津の「三」と庄次郎の「庄」を取り、屋号を「三庄」としました。
現在は新店舗で営業しているため、内部はかつての店の佇まいが残されています。海風を頼りに航海を行っていた時代、岡山や九州などから漁具を買いにきた漁師たちは、店で茶を飲みながら1.2時間風を待っていたそうです。




参考文献:三津の古建築ものがたり


ミツハマップ
三津お散歩マップ
町家バンク活用事例
旧濱田医院

物件検索

  • 住居

    Select

    Cancel

  • 店舗向き

    Select

    Cancel

  • 居抜き

    Select

    Cancel

  • リノベ済

    Select

    Cancel

  • イジリ甲斐

    Select

    Cancel

  • レトロな趣

    Select

    Cancel

  • コンパクト

    Select

    Cancel

  • 海チカ

    Select

    Cancel

  • 裏路地

    Select

    Cancel

  • 商店街そば

    Select

    Cancel

  • 楽器相談

    Select

    Cancel

  • 駐車場あり

    Select

    Cancel

  • 庭・畑付

    Select

    Cancel

  • ペット相談

    Select

    Cancel

  • アトリエ向き

    Select

    Cancel

  • 一点豪華

    Select

    Cancel

エリア

  • 住吉1丁目

    住吉1丁目

  • 住吉2丁目

    住吉2丁目

  • 三津1丁目

    三津1丁目

  • 三津2丁目

    三津2丁目

  • 三津3丁目

    三津3丁目

  • 元町

    元町

  • 神田町

    神田町

  • 須賀町

    須賀町

  • 梅田町

    梅田町

  • その他

    その他